腹筋の大切さ

くわかぶ日記です

私最近運動サボってます😅

ずーっと運動してきた体育会系のはずの私。

去年なんてフルマラソン走ったのに🏃‍♂️💨

でも今年は平日10,000歩は歩くと決めてなんとか続けてるってのが唯一の運動かな😅

40代になって体力の衰え方がエグいと感じてます。40代の皆さまどうでしょうか?

さて、タイトルに話を繋げていきます

ブログで以前書いたように私は便秘がひどくなってその結果、腸に溜まった便が胃を押し上げて逆流性胃腸炎の症状になってしまっていたわけです。

考えると運動やめて数ヶ月たった頃から便秘が始まったと思います。

腸活なんて言葉が世の中で出てきて久しいですが、腸の動き、蠕動運動(下記URLにて詳細)を活発にするためには腹筋がしっかりしていたほうがいいのは自分で一番よくわかってます。

https://www.seirogan.co.jp/medical/creosote/effective02.html

腸の動きを良くするために腹筋つけるのが効果的って書いてるWEBページはよく見かけますよね。ググったらすぐ出てきちゃいます。

で、洋式便所より和式便所のほうが踏ん張れるってのもなんとなくイメージしやすいかと思います。これ、ようは腹筋使って便を外に押し出すためにしゃがんだほうがいいってことだと私は理解してます。

私は基本歩く時も、座る時も何かする時出来るだけ腹筋を締めています。走る時はなおさら。特に走る時は足が着地する時しっかり腹筋で地面からの反発を受け止めることができるかどうかが長距離攻略のポイントになると勉強しました。

最初5キロ走ったら膝や足首の古傷が痛くなってました。でも腹筋でショックをさばけるようになってくると、どんどん距離伸びてフルマラソン4時間半で走れました。

腹筋は真ん中です。

普段から意識して鍛えてあげたら蠕動運動も活発になって便秘も良くなるし、カロリーも消費出来る。

ダイエットにも、蠕動運動にも腹筋は大事

よし、また少しずつ運動増やして腹筋使おう!!と自分に言い聞かせるために書いた日記でした🙇‍♂️

お粗末さまです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA