自分史⑩~美術の道をあきらめて代ゼミへ

くわかぶ日記です

自分を振り返って自分を知る、「自分史」の10回目です。

前回は美術系の大学を受験して不合格となり、自分なりに踏ん切りをつけて一般の大学を学力で受験する道を選択し、代々木ゼミナールに通うことを親にお願いしたところまでお話しました。

一応これくらいのデッサンは描いてましたよ

札幌駅の北口側にある代々木ゼミナールに通うことが決まった私。

3月に卒業式を終えてすぐに、母が「車の免許とっといで!」と言ってくれました。

落ち込んでる私に気持ちを切り替えさせるためだったのでしょうか。

とにかく友人と3人で自動車学校に通いました。

友人2人は一般の大学の夜間部に通うことが決まっていました。

正直私は人知れず孤独を感じていました。

でも、悪い感情ではなかった。

逆に1年後今の自分より勉強が得意な自分になっているために、この孤独をしっかり味わっておくことが大切だと思えました。

免許を取った後は友人たちとドライブにも出かけました。

4月になり私は予備校に通いだします。

ただ、すこし緊張感を失った私は車で遊びに出かけては勉強をサボっている時期がありました。

予備校では二つのパターンの友人ができました。

勉強せずだらだらと時間を食いつぶす友人たち。

一緒にいると楽しいですが、今やるべきことからは遠ざかっている気がしました。

もう一方は自分の道を見失わず、受験の日まで第一志望校合格のために一日の時間を大切に使う友人

私は初めのうちは前者のほうの友人と楽しくおしゃべりをしたり、運動をして息抜きをしていましたが、夏(8月)ころからは少しずつ後者の友人と一緒にいるようにしていきました。

なぜ、そうなっていったかというと、一番は勉強が楽しくなっていったからでしょうね。

それまで勉強は苦痛でした。

でも、予備校の先生方、当時テレビにも出演していた先生方の授業をサテライト形式などで受講できる(東京の代々木校で行われている講義がオンタイムで受講できる)ので当時一番の楽しい授業を目の当たりにしていると勉強が楽しくなっていきました。

たくさんのお金を払ってでも予備校という環境に身を置いたことはとても良かったと思います。

教え方が本当に上手でした。

私たちがどこでつまずくのかしっかりとわかっていて、さらに飽きないように工夫されている

講義の中でなぜ大学に行くのかとか、大学で何をするのかとか、また自分の受験の時の話などをしてくれることでより現実味のある講義となっていて魅了されていった私がいました。

だんだんと一日の使い方も勉強を中心としたルーチンワークができあがっていきました。

朝、5時半ころに目をさまして、まず前日の復習をして記憶の定着を試みたり、単語(英語や漢字)の勉強をしたり、英会話のラジオを聴いたりしてから朝ごはん。

それから予備校に行きます。

予備校では講義と講義の間で自習室を利用します。

眠くなるので昼ご飯は食べず、おなかが鳴ったらココアを飲んだり、スニッカーズやカロリーメイトを軽く口に放り込んで勉強をしました。

余談ですが、受験期に入ったころの私の体重は52キロほどでした。

身長170センチほどなのでけっこうガリガリに痩せてしまいました。

勉強ってのはカロリーを使うものですね(笑)

さて、夜19時ころには家に帰って食事をして翌日のスケジュールを簡単にメモする。

そのスケジュールにそって行動することを心掛けてました。

21時には布団に入ってまた朝早くに起きる。

受験前4か月間は一日16時間ほど勉強していたと思います。

模試の成績もぐんぐん上がっていき、偏差値30くらいから60まで上がりました。

眠気に負けないように濃い珈琲を飲んでいたのですが、それでも効かないので最後は珈琲豆をそのままかじっていたくらい眠気と闘ってました。

11月、12月あたりには東京の六大学のうち明治、立教、法政大学あたりなら合格県内に入っていました。

ここで悩みます。

東京に行くのか、このまま札幌に残るのか。

母からは東京に行くなら奨学金を借りてアルバイト漬けの大学生活になることを示唆されていました。

一つ下の商業高校に通う妹が就職する予定から進学する予定になり、優秀な妹なので推薦で某私立大学に合格してしまいました。

北海道に残るといっても国公立の上位学校である北海道大学に行けるほどのレベルではなかった私。

必至に勉強している科目も3科目(国、社、英)なので私立を考えるのが妥当でした。

つまり親にとってはダブルパンチなわけです。俺のせいだからグ~の根も出ない。

せっかく大学にいくなら大きな大学がいい、できれば学生生活はたくさんの友人といろんなことを経験したい。

そのためにはアルバイトで稼いだお金は自分の経験に使いたい。

そして、将来どこで仕事をするか考えてみたときに北海道大好きな自分がいました。

どうせ北海道に戻ってくるなら東京にいくより、北海道にいる方が自分には向いていると判断して北海道の私立大学を選択しました。

受験は正直自信をもって受けることができました。

緊張はしていたけど、ちゃんとやったことが試験に出てくれて手ごたえもしっかりありました。

やった分だけできるもんなのだと実感しました。

こんなに勉強だけで過ごした日々はこの42年ほどを考えてもないです。

本当によく頑張ったなぁと思います。

さて、とうとうキャンパスライフがやってきます。

ここから先は次回!

ここまで読んでいただいた方本当にありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA