自分の内側に意識を向けてみる

くわかぶ日記です

私は運動が好きで30代のころまではその辺の若者たちに負けない自信がありました。

ジムに通ってベンチプレスは100キロ挙げて、スクワットだって180キロは挙がってた。

短距離走ってもちょっとのことでは息は乱れなかった。

でも、去年の猛暑で運動をサボり、さらに体調不良(胃腸)により検査したり通院したりしているあいだにサボり続けて、気づけば半年以上まともな運動を継続していません。

そんななか苦手な睡眠については、毎週通っているサウナ効果が表れてきて改善がみられるようになりました。

病気をしたことで、今まで筋肉など外側にばかり意識をしていた私に気づきました。

自分の内側にも意識を持とうと考えるようになりました。

自分の体をスキャンする感覚です。

朝起きてストレッチしながら筋肉の調子を探ります。

それから水を飲んで腸の動きを確かめたり、外に出て太陽浴びながら自分の心が元気か自分に問いかけます。

そして嘘でも自分を元気にする言葉を自分にかけてみる。

どちらかというと40になってからは自分の内面にばかり意識を向けている自分がいます。

うまく自分の内面と付き合うことで毎日の生活が楽しくなり、健康でいられるはず。

もちろん運動は習慣化して、年齢よりは若く見られるお父さんになるように頑張りたいと思います。

最終的には両面から自分を大切にできる自分になりたいと思います。

一度きりの人生において、一生付き合う自分の体を大切にするのは当たり前のことだけど、なかなかできないことですよね。でもこれができたらかなり幸福度があがると思うんです。

意識して10年後の自分が後悔しない健康維持をしていこう!と思います!

健康についてはちょくちょくここで記事にしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA