新入社員の皆様へ

くわかぶ日記です

私が勤めてる今の部署は一般的に言う人事課。

この時期は退職する方、新入社員の方の諸々の手続きを行っています。

このブログを通して何か役に立てるかもしれないと思い、今回は新入社員の皆様に向けて記事を書いてみたいと思います。

社会人になるために知っておきたいこと、特に知っておいてほしいこと。

それが社会保険(シャホと呼ばれるもの)です。

言葉が難しいと言わずに読み進めてほしいです。

A医療保険

B年金保険

C介護保険

D雇用保険

E労災保険

公的な費用負担(国庫金など)により、病気や高齢、介護や失業、労働災害、通勤災害などのリスクに備えるための制度です。中でも、主に会社員を対象とする「健康保険(医療保険)」「厚生年金保険(年金保険)」の2つを狭義の意味で社会保険と呼んでいます。

国民がお互いに助け合う相互扶助が理念のため、多くの人が加入して母集団を作ります。その中で保険事故によるリスク分散が図られているのです。

国と企業と国民で助け合う形になっているわけです。

コロナ禍において考えると、予防接種など感染症対策も社会保険制度によって賄われています。

もし、自分が癌などの重い病気になって働けなくなったらどうなるのか。

いざというときに日本の社会保障制度はどうなっているのか、社会人になるなら知っておいた方がいいです。

実際うちの職場に入ってくる中途採用の方でも雇用保険の話をしても「?」だったりします。

国の行っている制度は学校では教えてもらってないですもんね。

お金の勉強と合わせてこの社会保障制度をしっておくと将来しっかりお金を増やす力になっていきますよ!

ちなみに、社会保障制度で対応できないことは、だいたいが貯金を貯めておけば対処できることだったりします。

でも知識がおいついていない若者たちには4月早々、色々な悪い大人たちが近づいてくることも事実。

不安をあおられたら落ち着いて一度信頼できる先輩に聞いてみて!

いなかったら私のインスタにメッセージください!

売名行為になってるか・・・

「人生100年時代」や「少子高齢化による公的年金破綻」など将来を不安にするキーワードが飛び交う中、社会保障制度を理解したうえで「お金」との付き合い方を考えることはとても重要です。

勉強しておけば不安は解消されるし、こうした不安を煽るビジネスがどれだけ多いかを知ることができます。

知ってしまえば怖くない。

私は知らなかったためにカモにされた経験もあります。

今となってはいい勉強ですが。

不安をあおられて無駄な保険にたくさん入っていたことがありました。

できればこれから社会人になる若者たちには私と同じ損はしてほしくない。

そして、働けるうちに働いてしっかり貯めて、お金にも働いてもらって早く自由な時間を作る!

できた自由な時間は自分の心が豊かになることに使う!

自分のやりたいことのために生きてほしい!

そして稼ぐ力と資産運用の両輪が機能していれば、働けなくなるころにお金はお金で勝手に増えてくれます。

そうすれば長生きしても楽しい人生を送れるはずです。

物事には順序がありますから、年上の人からもっともらしい言葉で勧誘されても一度持ち帰って考えて、信頼できる人に相談したり、ググって断るものは断る。

べつに命とられるわけじゃないから大丈夫。

自分の人生を豊かにしてくれる知識をしっかり身に着けていくためにお金を使いましょう!

頑張れ若者たちよ!応援してま~す!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA