ドーパミンについて

くわかぶ日記です

だるいなぁ、なんかやる気でないなぁ

って思うときありません?

私は最近しょっちゅうです・・・

色々な理由があるでしょうが、今回は脳の神経伝達物質「ドーパミン」について勉強してみました。

よく聞きますよね、この物質のことは

やる気を運んでくる物質であることはいいのですが、どういうときに出てくるのか

使い方を間違えたらどんなことが起きるのかについても知っておいた方がよさそうです。

ドーパミンは感情、記憶、思考、理性、意識、理解など心の機能に関係する、つまり人格を作る非常に重要な物質ということが本にも書いてあります。

お酒を飲んで気分が高揚するのもこのドーパミンの効果で、脳内の報酬系という神経系が活性化することで起きているようです。

同様に、ギャンブル、食事、喫煙、ポルノ、ゲーム、snsなどわりと身近なものでも分泌されることから依存性について注意する必要があります。

ビジネスの世界でもこの依存度を利用して、ギャンブルや喫煙、飲酒、風俗など大きなお金が動いているのは理解しやすいですね。

ドーパミンの力を上手に使って理性を持ってやる気を維持したいですね。

脳内で分泌される神経伝達物質についてはこれからも調べてまとめてみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA