お受験ビジネスに私は乗らない

くわかぶ日記です🙇‍♂️

職場の同僚には関東、関西の出身者が多くいます。

そんな彼らの中には有名な大学を出た人も少なくない。

幼少期から受験戦争の中を乗り越えてきたというひとも少なくありません。

そんな同僚の親戚や友人達は、今その関東、関西で子供達をお受験させるために高いお金を払い塾に通わせ、私立の幼稚園、小学校を受験しているそうです。

それが当たり前という人たちの中で生きていると疑わないものですよね。

でもそんな同僚たちの中で多いのは、今外からみていて自分の子供達にはお受験はさせないと考えている人たち。

のびのびと小学校までは好きなことをさせて親がしっかり子供の面倒を見る時間を確保する。

そして本人が好きでやりたいことを応援してとことん付き合う。

やり抜く力、想像する力を磨くことが大事だと言っている同僚もいました。

彼は小学校のPTA会長もして教育熱心です。

私も以前からこの「お受験」というものに違和感がありました。

それはこの後のブログで書いてみようとおもうのですが、お金持ちじゃなきゃ負けっていう理論が見えるからです。

私の周りには結構稼いでいたり、世の中でも名前の知れてる人がいます。本を書いて講演会をしていたり、コンサルタントをしていたり。

活躍してる人ほどこのお受験ということに否定的な考え方を持ってる人が多いきがします。

もちろんお受験を勝ち抜いた人の方がいい就職先に入れる人が多い、確率が高いようです。

でも、そのお受験の結果の有名大学を出たその先の40年以上待ち受けている社会人としての人生を考えるとどうなのかなと。

例えば東大に受かったらそれで終わりじゃない。実はスタートにも立ってないなんてことありませんか?

私が違和感を持った大きな要素として、お受験という言葉にはビジネスが住み着いてるなぁ、ということ。

私立の学校からしてみれば当たり前です。

有名大学に何人合格させたか💮が生命線。

これと手を組むのは有名塾、予備校などなど。

みんなで手を組んで、「受験は貴方を救う大切な御守り」ですと売り込みます。

私は本当に必要な教育はそこにはないと思ってます。ゼロではないと思いますが。

自分の子供達には少なくとも中学三年生になるまでは塾に入れないつもりです。

私もそうだったように。

なんだかんだ中学まで勉強ができた優等生たちと比べても、人間関係も収入も上だったりする自分がいるから。

不良と呼ばれた自分がそれなりの大人になれたから。

親として見落としたくない子供の個性がある。

みんな違っていい。

それを押し並べて同じような人を作る生産ラインには乗せたくないと思う今日この頃。

のびのびと元気に育つ子供達。

子供は子供らしくいていい。

今学ぶべきことを学ばせたい!

続きはおいおい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA